前立腺ラボトップ > 前立腺がんの進行度・病期について

TNM分類について

がん発症が認められると進行度合いによりステージ分類を行っていきます。現在はTMN分類が主流になりつつあるでしょう。この分類はTで進行度合い、Nでリンパ節への転移、Mで骨や他の臓器への遠隔転移を表す分類法です。また、用語の数字が上がるほど悪性度が高くなるため、T1・T2よりT3・T4の方が進行していることを意味しています。MやNも同じで0なら転移なし、1なら転移ありを表すことになります。

T1とT2
TNM分類はがんの進行を表すもので、T1とT2は早期がんを意味します。
T3とT4
T3は腫瘍が被膜を超えていることを意味し、T4になると隣接組織への浸潤が起こっている状況を表しています。
N0とN1
N0はリンパ節への転移がなく、N1はリンパ節への転移が認められた状態を意味しています。
M0とM1
Mは遠隔転移を表す用語です。M0は遠隔転移がない状態、M1は遠隔転移が認められた状態です。

ABCD分類

ABCD分類はTMN分類同様にがんの進行度を表すものです。Aは経過観察を含めた早期がんを意味します。Bは前立腺内だけにある腺癌です。Cはガンが前立腺被膜を超えている状態で、Dは転移が認めらた場合です。それぞれ1・2という数字を付け、悪性度も分類していきます。自身の状況を確認できる方法でもあるため、この機会に理解しておくといいでしょう。

A1とA2
Aは経過観察を含めた早期がんを意味します。A1は限局性の高分化癌、A2は中・低文化線癌です。
B1とB2
前立腺内に限局している腺癌を病期Bといいます。片葉内の単発腫瘍をB1、片葉全体、両葉にがん細胞がある状態はB2といいます。
C1とC2
ガンが前立腺被膜を超えている、もしくは精嚢に湿潤している状態です。C1は皮膜外湿潤が確認され場合、C2は尿管などが閉塞している状況を意味してます。
D1とD2
転移が認めらた場合を病期Dといいます。D1はリンパ節転移があるケース、D2は遠隔転移が認められたケースに使われます。

がんの悪性度の分類

一般にがんの分類にはABCD分類やTNM分類など総合的な分類法が使われていますが、悪性度だけを表す分類も行われています。悪性度の高いがんは進行が早く転移もしやすいため、治療方針の決定に欠かせない情報なのです。悪性度はグリソンスコアが用いられおり、がんの量を表すPSA値などから5段階で評価していきます。

がんの悪性度・顔つきとは?
がんの顔つきとは悪性度を表す用語です。PSA値とグリソンスコアによって悪性度を決めていきます。
前立腺がんのグリンソンスコア
前立腺がんの悪性度を表す指標です。5段階評価で、5になると重篤ながんを意味するため注意が必要です。

Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。