前立腺ラボトップ > 放射線療法前立腺がんの放射線療法のメリット

前立腺がんの放射線療法のメリット

放射線療法のメリット

前立腺がんの治療には、放射線が使われることがあります。
放射線を使った治療のメリットは、体に負担がかからないということです。

がんが前立腺の中にとどまっているときには、前立腺をすべて摘出する手術が行われることがあります。
この手術に成功すればがんを治すことができるのですが、出血や尿漏れなどの後遺症が残ることがあります

最近は、手術方法の進歩により、出血は少なくなっているのですが、それでも輸血が必要になることもあり、体力がない方はこの手術を受けるのが難しいのです。さらに合併症なども起こる可能性があり、体が弱っているお年寄りには、大きな負担になります。

放射線療法なら、体に負担をかけずに全摘出手術と同じぐらいの効果を上げることができると言われています。

持病を心配せず行える治療

前立腺がんは、年配の方に起こりやすい特徴があります。
年配の方の場合は、この病気以外にも疾病を抱えている方が多いものです。
心臓病や慢性閉塞性肺疾患といった深刻なものも多く、手術によって悪化する可能もあります。

放射線を使った治療なら、その他の病気にそれほど影響を与えずに治療を続けることが可能です。

精神的・経済的な負担が少ない

最近は放射線療法も進歩しており、前立腺がん以外にはダメージを与えずに放射線を照射できるようになりました。通院によって、放射線療法を受けられる病院もあるのです。
通院の放射線療法が受けられれば、精神的な負担や経済的な負担が少なくて済むのもメリットと言えるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。