前立腺ラボトップ > 前立腺がんの放射線療法

放射線療法について

前立腺がんの治療には摘出手術を適用するのが一般的ですが、高齢者など手術が難しいと判断されると放射線療法で対処するケースがあります。放射線療法は体に負担が少なく、全摘出手術と同程度の効果が得られる治療法です。周辺組織を傷つけずに済むことから、性機能が維持される確率も高くなります。ただし、治療後に排尿や直腸に合併症が現れることもありますので注意が必要です。

放射線療法のメリット
放射線療法は全摘出手術と同効果が得られるだけでなく、体への負担が少ないなどのメリットがある治療法です。
内部照射療法(小線源療法・HDR)
放射線を使った治療法で、放射性物質を体内に埋め込むものと、前立腺に針を刺し放射線を照射する方法があります。
X線治療
前立腺に放射線を直接照射する治療法です。外部照射療法とも呼ばれます。
3D-CRT・IMRT
CT画像で患部を確認しながら放射線を照射していきます。外部照射療法と比べ副作用や合併症を少なくする効果が期待できます。
陽子線療法・重粒子線療法
決められた場所に留まる陽子線の性質を利用した放射線治療です。神経や筋肉へのダメージを最小限に抑えられる治療法です。
放射線療法による合併症
放射線療法には、血尿や失禁などの排尿のトラブル、下痢、血便など直腸のトラブルが合併症として現れることがあります。

Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。