前立腺ラボトップ > 前立腺がんに備えるがん保険の先進医療特約について

がん保険の先進医療特約について

先進医療は保険診療外の治療

近年では、がん保険に先進医療特約を付帯することが一般的になっています。
CMなどでもよく聞きますが、何の為の特約か分からないという方も多いでしょう。

「先進医療」とは、大学病院などの医療機関で研究・開発された、最新の医療技術の中で、厚生労働大臣から承認された医療行為になります。健康保険の診療で認められている水準を超えた、先進技術になりますので、保険診療外になってしまいます。

この先進医療は、基本的に治療行為に使用されますので、診察や検査などは保険診療内になり、検査の結果、医師と患者が相談し、先進医療を利用する場合は、その費用が全て実費になります。

先進医療特約なら重粒子線治療も適用範囲内

医学は日々進歩していますので、現在先進医療のものが、今後、保険診療になったり、先進医療から外されたりすることもあります。がんに関して現時点では、「重粒子線治療」「陽子線治療」が先進医療となっていて、その費用は300万円前後になっています。
この金額を保障してくれるものが「先進医療特約」になります。

ただし、先進医療を受ける確率は比較的低いのですが、先進医療特約は必要ないかというと、特約をつけても保険料はわずかしか上がりませんので、万が一に備えて付けておいた方が安心と言えます。

先進医療特約付帯時の注意点

ただし、すでにがん保険に加入していて、その保険には先進医療特約が付帯できず、加入しなおしが必要と言われた場合、加入した際よりも年齢が上がっている分、保険料自体が上がりますので、終身型のがん保険で先進医療特約が付帯できない場合は、よく考える必要があります。

定期型のがん保険の場合、更新の際に先進医療特約が付帯できる保険に、入りなおすと良いでしょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。