前立腺ラボトップ > 前立腺がんに備えるがん保険の選び方

がん保険の選び方

入院支払い日数の上限に注意する

がんは近年、日本国内の死亡原因のトップになっています。
その為、がんになった場合の保険を考える方も多いですが、医療保険で良いと思っている方もいます。

しかし、医療保険は、そのほとんどが入院支払い日数に上限があり、がんの場合は、長期入院になる可能性があったり、転移や再発などで入退院を繰り返したりする可能性があるので、医療保険では足りなくなることもあります

がん保険の場合は、基本的に入院支払い日数が無制限になっているので、万が一の場合も安心できます。

保障期間からがん保険を選ぶ

では、がん保険はどのように選べば良いのかというと、まず、定期型にするのか、終身型にするのかということがあります。定期型の場合、決められた期間ごとに更新となり、若いうちは保険料も安いのですが、年齢を重ねていくと保険料が高くなっていき、更新ごとに保険料が上がっていきます。

終身型の場合、保険料は何歳でも一定で、保険料を支払っている限り、一生涯保障されますが、若い人の場合は、定期型に比べて保険料が高くなります。

給付金の違いにも着目する

次に入院給付金日額、手術給付金、通院給付金などを選ぶようになりますが、これはどのがんでも対応できるように、最大の金額が保障されるようにすると良いでしょう。

目安としてかかる費用は、入院が1日あたり約8,000円、手術が約100万円、通院が約8,000円となりますので、この費用が保障されるようにすれば安心です。
他には、できれば再発予防の定期健診の費用や、後遺症の為の費用も給付される保険の方が良いでしょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。