前立腺ラボトップ > 前立腺がんの検査MRI検査 - 前立腺がんの範囲・転移状況を画像診断

MRI検査 - 前立腺がんの範囲・転移状況を画像診断

磁気を使った画像検査

CTスキャンと並んでよく用いられる画像診断の一つがMRIです。正確には磁気共鳴画像と言います。

強力な地場の中に人体を置くと、人体の大部分は水素で出来ているため電磁波を照射すると共鳴現象を起こし、エネルギーの吸収と放出が発生します。
そのエネルギーの変化によって画像を作成することができるというものです。

MRI検査の内容

MRIはCTスキャンと異なりX線を使用しないため、放射能による悪影響は全くありません。
MRIは磁気と電磁波を用いて画像診断を行うからです。
さらにCT画像よりも鮮明な画像が撮影できるという大きなメリットがあります。

また、CTが一方向から体を輪切り撮影できるものであったのに対し、MRIはどの方向からでも輪切り撮影ができるため、より一層正確に内蔵の状況を把握することができるようになります。

より正確な診断を行う方法

この方法は主に前立腺がんの範囲や転移状況を診断するために用いられていますが、近年では直腸に直接コイルを挿入することによってより一層正確に前立腺の状況を知ることができるようになっています。

具体的に言えば、水素原子の横方向の戻り時間を協調した画像をとることによって、前立腺の外腺、内腺の内部構造も分かり、ある程度の大きさの腫瘍であればガンがどこにあるのかも把握することができるのです。

CTを前立腺がんの転移の検査に用いることもできますが、より一層信頼の置ける検査を行いたいのであればMRIを用いた画像診断を行い、どの臓器に転移しているのかをしっかり調べることができるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。