前立腺ラボトップ > 前立腺がんの検査CT検査 - 前立腺がんの範囲・転移状況を画像診断

CT検査 - 前立腺がんの範囲・転移状況を画像診断

X線を使った画像検査

CTという言葉は医療について知らない年配の方であっても聞いたことのある言葉となってきました。
正式にはコンピュータ断層といいます。骨や内蔵はX線の吸収率は異なるため、その吸収率の差を利用して体の断面の映像を作ることができるのです。

さまざまな検査に用いられるCT検査ですが、もちろん前立腺がんの治療にも用いることができます。

CT検査の内容

CT検査とはX線撮影装置を体の撮影したい部位で回転させながら撮影するものです。
回転させながら撮影しているので体の断面図をコンピュータ処理した画像で見ることができます。

レントゲンと大きく異なるのは、患者は寝ているだけで機械の方が動いてくれるため患者の体への負担が少ないということでしょう。体全体の断面図だけではなく、臓器の断面も撮影する事ができます
臓器の断面も撮影することができるために血液検査などよりも詳細な検査が可能ですが、前立腺がんの早期診断にはあまり向いていません。

転移状況の確認にも有効

しかし前立腺がんであることが分かった後のリンパ節や骨への転移を調べる検査手段としては非常に良く用いられています。ただ放射線を用いて撮影を行っているため、放射線被曝を心配する方もいます。もし被爆が心配という方がいればMRI検査を用いてみるのも良いかもしれません。

しかし簡単に利用できるものとしてCTを使用している医療機関は少なくありません。
ぜひ前立腺がんであることがわかったなら、転移の検査にCTを利用してもらうようにしましょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。