前立腺ラボトップ > 前立腺がんの検査問診 - 前立腺がんの検査

問診 - 前立腺がんの検査

前立腺がんは治療でしか完治しない

自分が前立腺がんかもしれないと思ったなら、迷わず医療機関に診察を受けに行くべきです。
しかし前立腺がんの検査にはどのようなものがあるのでしょうか。

問診の内容

まず行われるのは問診でしょう。問診は通常検査では判明しない事柄を患者から直接聞くために行われます。
排尿に関する違和感や、今までの病歴などがその一部です。
この既往歴や病状は必ず聞かれるので何かにメモしておくなりして、スラスラ答えられるようにしておいたほうがよいでしょう。その他にも問診で聞かれる事柄には以下のようなことがあります。

排尿の際に感じる症状や他に日常生活で感じる症状、排尿がスムーズに行えているかどうか、排尿時に痛みはないか、残尿感がないか、今までかかった病気はないか、年齢は何歳か、家族や親族に前立腺がんの患者はいないか、今どんな薬を服用しているかなどが挙げられます。
特に年齢に関しては前立腺がんの患者の多くが50歳以上であることを考慮されます。

加えて今服用している薬についても詳しく尋ねられるでしょう。薬によっては排尿機能を低下させる効果があるので、そのような薬を服用していないかどうかを確認されるはずです。

日頃から排尿機能のチェックを行う

特によく聞かれるのは排尿機能に関する自覚症状です。
この自覚症状についてもきちんと答えられるように準備しておくようにしましょう。
そうすればスムーズに問診をしてもらうことができるはずです。

前立腺がんの検査は非常に重要なので、できるだけ問診に答えるようにしましょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。