前立腺ラボトップ > 前立腺がんの検査尿検査 - 前立腺がんの検査

尿検査 - 前立腺がんの検査

尿検査は前立腺がんの基礎検査

前立腺がんかもしれないと思って病院に行くと、さまざまな方法で検査を受けることになります。
そのひとつの方法が尿検査です。

尿検査は前立腺がんに限らず色々な病気を調べるのに用いられていますが、前立腺がんの尿検査ではどんなことが分かるのでしょうか。

尿検査で確認できる事

そもそも尿検査は尿中に含まれている組織や成分、尿の濁り、色調などを調べることによって腎臓から尿道までのさまざまな疾患を解明することができるようになります。
さらに尿中の赤血球や白血球、細菌の有無などを調べます。

尿蛋白、尿糖、臓器などを構成している円柱細胞、結晶成分などを分析します。
特に円柱細胞は臓器を構成しているため、その円柱細胞を調べれば、どの臓器が炎症を起こしているのかを速やかに把握することができるのです。

尿検査によって前立腺がんがある可能性を知ることができます。
もちろん精密な検査を行わなければきちんとした結果を見ることはできませんが、尿検査によって異常がなければ精密検査を行う必要もなくなります。

尿検査のデメリット

しかし尿検査は前日に飲食したものに大きく影響されるという欠点があります。
ですから尿検査の前日には暴飲暴食をしないように注意すべきです。
もし前日に、暴飲暴食してしまうとせっかくの検査なのに正確な結果が出ないことがあります。

特に担当の医師から食事などについて指示を受けたなら、その指示を忠実に守るようにしてください。
問診や尿検査によって前立腺がんのための正確な検査をしてもらいたいものです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。