前立腺ラボトップ > 前立腺肥大症前立腺肥大症になりやすい人

前立腺肥大症になりやすい人

前立腺肥大症を起しやすいケース

前立腺肥大症は、直接的に命に関わる病気ではないので、比較的研究が遅れていて、症例が非常に多いにも関わらず、原因が詳しく分かっていません
その為、原因から前立腺肥大症になりやすい人を推測することは難しいのですが、実際の症例から、発症した人の特徴がいくつか挙げられています。

まず、人種としては黒人、白人、東洋人の順番に多いので、日本人は世界の中では、比較的発症する人が少ない傾向にあります。このことに影響しているのか、欧米風の食事をしている人が多く発症しています。

食事の内容としては、野菜の摂取量が少なく、毎日肉を食べ、牛乳を飲む方の発症例が多くなっています

性病の既往歴がある人は注意が必要

他にも、淋病やクラミジア、ヘルペスなど性病の既往歴がある方も、発症例には多く見られます
その他に器官に関連しそうな症例としては、性的に非常にタフで子供の数が多く、1ヶ月以上のEDの経験がない方も、発症者の中には多くいます。

また、一見すると全く関係なさそうな内容として、学歴が高く、一般の方よりも年収が高い方や、社交的ではなく、独りを好む方なども多くなっています。

原因が解明されていない病気

前立腺肥大症の原因が詳しく分かっていないので、これらの内容についてはあくまでデータであり、医学的根拠があるというわけではありません。

ただし、実際に発症した人の特徴ではありますので、これらの内容に合致する項目が多い方は、前立腺肥大症になりやすいと言えます。これから研究が進み、原因が詳しく分かれば、なりやすい人や予防法も確立していくでしょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。