前立腺ラボトップ > ホルモン療法間欠療法(特徴・メリット・デメリット等)

間欠療法(特徴・メリット・デメリット等)

ホルモン療法の効力を持続させる方法

前立腺がんの治療では間欠療法が使われることがあります。間欠療法はホルモンの使用を一時中止するものです。

ホルモン療法は通常、前立腺がんの転移があるときに行われます。
ホルモン療法は、前立腺がんを良くするために役立つ治療法なのですが、続けているうちに効かなくなってくることがあります。ホルモン療法を開始して数年以内に効かなくなると言われています。
それを先のばしにするのが、前立腺がんの間欠療法です。

間欠療法の内容

ホルモン療法を続けていると、PSA値(前立腺特異抗原)が下がります。
これはホルモン療法の成果で、がんの勢いが一時的におさまったことを表しています。
このPSA値が下がった時に、ホルモン療法を中止します。

ホルモン療法をやめてしばらくすると、PSA値が再び上昇し始めます。その時には、またホルモン療法を始めます。
これを繰り返していくのが、前立腺がんの間欠療法です。

この療法には、男性ホルモンの生産を抑える薬と男性ホルモンの作用をブロックする薬が使われます。前者の薬がLH-RHアゴニスト、後者が抗アンドロゲン剤です。

間欠療法のメリット・デメリット

間欠療法のメリットは、抗アンドロゲン剤を中止することによって、転移したがんが小さくなることです。
また、ホルモン剤による副作用も、服用を中止している間は起こりません。

ただし、間欠療法にはデメリットもあります。抗アンドロゲン剤を中止しても、効果が表れないことがあるのです。その場合は、抗アンドロゲン剤を別のものに変えます。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。