前立腺ラボトップ > ホルモン療法抗アンドロゲン薬(特徴・メリット・デメリット等)

抗アンドロゲン薬(特徴・メリット・デメリット等)

男性ホルモンを抑制する抗アンドロゲン薬

抗アンドロゲン薬は、前立腺がんの治療に使われます。抗アンドロゲン薬には、男性ホルモンの働きを抑える働きがあります。男性ホルモンが増えると、前立腺がんの勢いが強くなります。

ここで言う男性ホルモンとは、アンドロゲン(ステロイドの一種)のことです。
抗アンドロゲン薬を使うことで、アンドロゲンの働きをブロックし、前立腺がんの細胞が増えていくのを抑制します。

抗アンドロゲン剤の使用方法

抗アンドロゲン薬は、通常LH-RHアゴニストと一緒に使われます。
これはホルモン剤の一種で、男性ホルモンの生産を抑える力があります。

抗アンドロゲン薬だけを使ってもいいのですが、この薬はLH-RHアゴニストにくらべて、がんの増殖を防ぐ力が弱いと言われています。しかし、抗アンドロゲン薬と併用すると、LH-RHアゴニストによって起こる勃起障害をある程度防ぐことが可能になります

抗アンドロゲン剤には、ステロイド性と非ステロイド性があります。
ステロイド性の抗アンドロゲン剤は、使用しているうちにがん細胞を増殖させることがあります。
その期間は、使用が中止されます。中止されることによって、状態が再び改善します。

抗アンドロゲン剤の種類

抗アンドロゲン剤には、いくつかの種類があります。1つの抗アンドロゲン剤が効かなくなったら、別の抗アンドロゲン剤を使います。この切り替えは、抗アンドロゲン剤交代療法と呼ばれます。

例えば、最初に使っていたステロイド性の抗アンドロゲン剤から非ステロイド性のものに薬を変えます。薬の切り替えが前立腺がんに有効であることが報告されています。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。