前立腺ラボトップ > ホルモン療法MAB(CAB)療法(特徴・メリット・デメリット等)

MAB(CAB)療法(特徴・メリット・デメリット等)

2つの薬剤を使ったホルモン療法

前立腺がんの治療にMAB(CAB)療法と呼ばれるものがあります。
MAB療法とは、LH-RHアゴニストと抗アンドロゲン薬を用いた治療法です。MABとは、Maximum Androgen Blockadeのことで日本語に直すと、男性ホルモンの最大遮断という意味になります。

男性ホルモンは、前立腺がんと密接なつながりがあります。男性ホルモンによって、前立腺がんが増えると言われ、MAB療法は、男性ホルモンの影響を最大限に抑制する治療法です。
さまざまなホルモン療法が使われていますが、MABが日本で一番使われているホルモン療法です。

MABのメリット

MABは、ホルモン療法の中で一番効果があると言われています。
LH-RHアゴニスト単独で使う療法にくらべて、MABの方が腫瘍マーカーPSA値を早く正常にします。

ホルモン療法を続けていると、一時的に効果が減少し、がんの勢いが強くなることがあります。
しかしMAB療法の場合は、このがんの勢いが増す時期の出現が、他の療法にくらべて遅くなります。
また、その時期が出現する率が他のホルモン療法より、少ないと言われています。
また、MAB療法は日本人に適しているという調査結果も報告されているのです。

MABに伴う副作用

MAB療法にも副作用があります。ほてり発汗が一番起こりやすい副作用です。
他に、女性のように乳房がふくれてきて、乳首の痛みを感じる方もいます。

気分の変化も起こります。イライラしやすくなったり、不安を感じます。トイレに行く回数も増えることがあります。
また、血液検査をすると、肝機能や血糖値に異常が出ることもあります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。