前立腺ラボトップ > ホルモン療法LH-RHアゴニスト(特徴・メリット・デメリット等)

LH-RHアゴニスト(特徴・メリット・デメリット等)

性ホルモンの分泌を抑制する薬剤

LH-RHアゴニストとは、性ホルモンの分泌を抑える薬のことです。
前立腺がんの治療に使われ、作動薬という意味があります。LH-RHは、黄体化ホルモン放出ホルモンのことです。
LH-RHアゴニストが使われるのは、がんが前立腺の外に転移している場合です。

LH-RHアゴニストは単独で使われることもありますが、抗アンドロゲン剤と併用することもあります。
LH-RHアゴニストには、男性ホルモンの分泌を抑制する働きがあります。

男性ホルモンの一種であるテストステロンは、LH-RHによって製造がコントロールされています。
LH-RHアゴニストは、このテストステロンに働きかけ、テストステロンの合成を阻害します。

勃起障害が現れるケースも

LH-RHアゴニストを使用すると、勃起障害が起こりやすくなります
およそ90%の人に起こると言われていますが、抗アンドロゲン剤を併用することで勃起機能を保つことができます。

抗アンドロゲン剤だけを使うこともできるのですが、LH-RHアゴニストと併用するときにくらべて、がんの増殖を抑える力が小さくなります。

LH-RHアゴニストの副作用

LH-RHアゴニストを使う療法には、いくつかの副作用があります。
特に現れやすいのが、ホットフラッシュと呼ばれるものです。ときどき顔面がほてったり、汗が出ます。
女性の更年期障害のような抑うつや骨粗しょう症が起こることもあります。
女性のように乳房がふくれることも副作用のひとつでしょう。

ホルモン剤を使った治療だけではがんを完全に治すことはできません。しかし、ホルモン剤を使うことで、がんが全身に広がるのを防ぐことができるのです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。