前立腺ラボトップ > 前立腺がんのホルモン療法

ホルモン療法について

ホルモン療法は前立腺がんが男性ホルモンの影響を受けて増殖する特性を逆に利用した治療法です。具体的には去勢手術や薬剤により男性ホルモンの分泌を抑制していきます。原因物質を遮断することから高い治療効果が期待できますが、男性ホルモンの減少により勃起障害、女性化乳房、性欲の減退などの副作用が現れることがあります。

ホルモン療法とは
男性ホルモンの分泌と働きを抑制する治療法です。前立腺の外側にがんが広がっている場合に適用されます。
両側精巣摘出術
男性ホルモンを生産している精巣を手術で切除する治療法です。これもホルモン療法に含まれます。
LH-RHアゴニスト
男性ホルモンの分泌を抑える薬剤を用いた治療です。前立腺の外に転移しているケースで適用される治療法です。
MAB(CAB)療法
男性ホルモンを最大限遮断することで症状の改善を計る治療です。治療ではLH-RHアゴニストと抗アンドロゲン薬が併用されます。
抗アンドロゲン薬
前立腺がんの原因になっている男性ホルモンを薬剤で抑制する治療です。
間欠療法
ホルモン治療を一時中断する治療です。ホルモン療法の効果を引き伸ばすことが目的です。
ネオアジュバント療法とアジュバント療法
ホルモン剤と放射線療法を併用した治療法です。多くのメリットがありますが長期使用に向かないなどのデメリットもあります。
ホルモン療法の副作用
ホルモン療法に伴う副作用にはEDなどの性機能障害や、全身にほてりが現れるホットフラッシュなどがあります。

Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。