前立腺ラボトップ > 治療を受ける前にセカンドオピニオンを利用する

セカンドオピニオンを利用する

主治医以外に意見を求める事

セカンドオピニオンとは、主治医以外に病気のことについて意見を求める手段です。
一人の医者に診てもらうより、複数の医者に診てもらった方が良い結果が出ることがあります。
セカンドオピニオンを他の医師に求めたからと言って、今の主治医を変える必要はありません。

めったにないことですが、セカンドオピニオンを拒否するような人がいたら大きな問題です。
前立腺がんのような深刻な病気の場合、セカンドオピニオンを求めたほうが、結果的に良いことがあります。
例えば、セカンドオピニオンを受けた先生が新しい治療法や薬を知っていたら、患者さんのプラスになる可能性があります。

セカンドオピニオンを求めるには

セカンドオピニオンを求めるときには、今の医師に診療情報提供書を作成してもらいましょう。
これがあれば、他の病院に行ってもスムーズに診察や検査を受けることができます。

さらに、他の病院の医師は、治療の経過や病状の推移、これまで行われた治療や検査、使われた薬などを把握したうえで、自分の意見を出すことができます。

治療の質を高めることにも役立つ

前立腺がんの場合、大きな病院(大学病院)などが積極的にセカンドオピニオンを出しています。
もし比較的小さな泌尿器科などで前立腺がんの診断を受けたら、規模の大きな病院でセカンドオピニオンを出してもらうのは、治療の質を高めるためにもお勧めの方法です。

大規模な病院は、放射線療法の種類も多いです。その中には、患者さんの前立腺がんを治療するのに役立つものもあるかもしれません。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。