前立腺ラボトップ > 治療を受ける前に前立腺がんの治療にはどのくらい費用がかかる

前立腺がんの治療にはどのくらい費用がかかる

前立腺がんの手術費用

前立腺がんの治療にかかる費用は、がんの進行度合いや治療法によって変わります。
がんが前立腺の中にとどまって、10年以上の余命が期待される場合は、手術療法が選択されることがあります。
この場合の費用は、およそ30万円です。前立腺をすべて摘出します。

放射線療法の費用

がんが前立腺の中にとどまっている場合には、放射線療法が取られることもあります。
手術を受ける体力がないお年寄りなどに、よく使われる療法です。放射線療法には、2つの種類があります。
外照射法内照射法です。

外照射法は、体の外側から放射線を当てるもので6週間程度続けられます。
費用はおよそ200万円から250万円です。

内照射法は体内に密封された放射性物質(弱いもの)を埋め込みます。
およそ250万円程度が必要になります。

ホルモン療法の費用

ホルモン療法もあります。ホルモン療法は、進行したがんや転移しているがんに使われます。
ホルモン療法の中には、外的な手術も含まれます。
男性ホルモンを分泌する精巣を摘出し、費用は約20万円です。

ホルモン療法の中には、内的な療法もあります。ホルモン剤を投与して、男性ホルモンの分泌を抑えます。
費用は、月4万円から10万円です。例えば、リュープロレリンと呼ばれるホルモン剤は、およそ4万3千円程度の費用がかかります。

一般の抗がん剤を使った化学療法がおこなわれることもあります。
この場合は、治療の総額が10万円程度になることが多いです。例を挙げると、ドセタキセルとプレドニゾロンを使った治療の場合、107,000円程度必要になります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。