前立腺ラボトップ > 抗がん剤抗がん剤の副作用

抗がん剤の副作用

強い副作用が伴う抗がん剤治療

タキソテールは、進行した前立腺がんに使われる薬です。
タキソテールは抗がん剤の一種であるため、抗がん剤特有の副作用が出ることがあります。
抗がん剤の副作用は、患者さんにとって大きな負担になることがありますが、タキソテールは前立腺がんと共存していくために必要な薬です。

副作用が出てしまったら、医師に相談し、それをやわらげる方法を取るようにします。
副作用の出方は個人差がありタキソテールの副作用によって、極端に苦しめられることがない場合もあります。

タキソテールの副作用

タキソテールを使い始めたら、その日に副作用が出ることがあります。
タキソテールを使った治療の当日に出る副作用には、アレルギー、吐き気、嘔吐等があります。
その後も、食欲不振や脱毛、全身疲労などの副作用が続きます。使い始めてかなり時間がたった頃(数ヶ月後など)には、爪の変化、浮腫といった副作用が出ることがあります。

タキソテールの一番多い副作用は、血液やリンパの障害です。貧血や好中球減少症などが起こります。
次に多い障害は、胃腸の障害です。吐き気や下痢などが起こります。

三番目に多い障害は、皮膚のものです。発疹や脱毛に悩まされるようになります。
呼吸器や栄養障害も起こりますが、頻度は少ないです。

副作用の対処法

タキソテールを使い始めたら、血液検査を定期的に行うことが重要です。
それによって、血液の異常を知ることができ、適切な対応で患者さんの負担を小さくします。例えば白血球の減少が判明したら、それを増やす作用のある注射が行われます。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。