前立腺ラボトップ > 再発や治療後の生活前立腺がんの再発・再燃時の治療

前立腺がんの再発・再燃時の治療

目的により治療法が変わる

前立腺がんが再発・再燃した場合の治療については、がんの進行度や受けた治療の内容によって違います。
また、治療を施す目的によっても違い、とりあえず限定的に制御して症状改善を目指したり、がんそのものの治癒を目指したり、延命を図るのかなどによって違いがあります。

どのような治療を受ける場合でも、それによって生じるリスクと合わせて検討する必要がありますので、担当の医師としっかりと話し合う必要があります。

再発・再燃後の治療法

具体的にどのような治療になるのかというと、前立腺がんの手術療法を受けた後に再発・再燃した場合、他の部位に転移している可能性が低ければ、放射線治療を勧められることが多くなります

放射線治療は、狙った範囲に集中的に放射線を照射することで、がん細胞の死滅を目的としていますので、他の部位に転移している可能性がある場合や、前立腺の近くにもがん細胞が残っている場合は、低い放射線を広範囲に照射することになり、あまり意味をなさなくなってしまいます。

放射線療法後の再発・再燃

放射線療法を受けた後に、前立腺がんが再発・再燃した場合は、放射線で死滅しないがん細胞があったか、効果が全体に及ばなかったか、外部に微小転移があったかということになり、再び放射線を照射することができない為、一般的にはホルモン療法が施されます

ホルモン療法とは、前立腺がんが成長するのに必要な男性ホルモンを、体から減らしてしまうことで、がんの成長を抑えることを目的とします。このような内容以外にも、実際の状況によって、対処法は様々ですので、詳細については医師に質問・相談すると良いでしょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。