前立腺ラボトップ > 前立腺がんについて腎臓の髄質の役割

腎臓の髄質の役割

肝臓は不純物を濾過するフィルター

腎臓というと、体の中の不純物を濾過するフィルターのような役割を果たしていると言われます。
しかし腎臓の内部の構造などはあまり知られていません。

腎臓には少しくぼんだ部分があり、そのくぼみから尿管や血管が出ています。
そのくぼみから腎臓内部を見ると、その空洞を取り囲んでいる物があることに気づきます。
その内側を髄質、外側を皮質と言います。この髄質にはどんな役割があるのでしょうか。

髄質の構造

皮質にはマルピーギ小体という球形の物質が100万から200万個存在しています。
マルピーギ小体の中にはボーマン嚢があり、その中には糸球体という毛細血管があります。
ボーマン嚢からはさらに尿細管という管が出ており、皮質の中を通っているものの後に髄質の中を通るようになります。この髄質を通る尿細管をヘンレループといいます。

さらに尿細管は髄質を通ったあともう一度皮質を通り、その過程で尿細管は集まっていき太い集合管となります。
太く集合している中で血液は濾過され尿が生成されることになります。

髄質の役割

腎臓は尿を生成するだけではなく、尿の中にあるまだ使える物質を吸収します
髄質はその中でも尿に含まれる水分を再度吸収する役割を担っており、体にとっても非常に有益な働きをしているということができます。

この髄質を含む腎臓の働きが悪くなると腎不全などの病気にかかることがありますから、腎臓に負担をかけないように日頃の生活の中で注意を怠らないようにしたいものです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。