前立腺ラボトップ > 前立腺がんについて

前立腺の構造

泌尿器の一部である前立腺は男性にしか存在しない器官です。主に前立腺液を分泌や精子を保護する働きを持っています。くるみ大の大きさをしており、膀胱の下にあります。医療技術が進歩した現在でも機能については謎に包また部分が多い不思議な器官なのです。おおよそ12歳頃から発達し、男性ホルモンが減ることで萎縮していきます。

前立腺の構造や位置
前立腺は泌尿器の一部で男性にしか存在しません。膀胱の下あたりにあり大きさはクルミ大程になります。
前立腺の役割
前立腺液の分泌や精子の保護などの役割を担っていますが、その働きについては今現在も解明されてはいません。
腎臓の髄質の役割
腎臓は尿を生成するだけではなく、尿内の使える物質を再吸収する役割も担っています。

発生部位や症状

前立腺がんは言葉の通り、前立腺にがんが発生する病気です。前立腺が男性にしかない以上、この病気も男性特有の病気になります。他のがんとは異なり完治する可能性が非常に高く、治療をすれば転移の心配もありません。ただし、初期症状が全くと言っていいほど無いため、日常生活で気づくことは難しい病気なのです。末期には強い排泄障害を起すため、なるべく早期に治療を開始できるようにしていきましょう。

前立腺がんとは?発生部位など
前立腺にガンが発生する病気です。当然ですが、男性にしか発症しません。
初期は自覚症状がほとんどない
前立腺がんは初期症状が非常に少ない事で知られていますが、残尿感、尿の切れが悪くなるなどの初期症状が現れることがあります。
代表的な症状は排尿障害
排尿障害は前立腺がんの代表的な初期症状です。排尿障害とは閉塞症状、尿失禁、尿意切迫のことです。
前立腺がんの末期症状
前立腺がんの末期症状は、尿が全く出ない、継続的な微熱、全身の倦怠感、腰痛などが起こります。
骨転移した時の症状
転移時の主な症状は、腰や足など複数ヶ所に渡る痛みと手足のしびれが代表的です。

その他前立腺がんの特徴

前立腺がんは高齢者に多く見られる特徴があり、特に50歳以上になると発症率が高まる傾向にあります。また、遺伝的要素や生活習慣との関わりが強いのも特徴でしょう。欧米型の食生活を好む人や、不規則な生活をしている人は前立腺がんを発症しやすくなるため注意が必要になります。なお、羅患率・5年生存率が非常に高いがんのため、万が一発症してもしっかり治療を受けていれば完治する可能性が高いがんなのです。

前立腺がんの特徴
高齢になるほど発症確立が上がる、初期症状がほとんど無いのが特徴です。
前立腺がんになりやすい人・年齢
50歳以上の人、近い親族が発症している、食生活が欧米型の人は前立腺がんを発症しやすくなりますので注意しましょう。
前立腺がんになりやすい生活スタイル
欧米型の食生、不規則な生活を送っている人は発症リスクが高まる傾向がありますので注意が必要です。
罹患数・5年生存率
前立腺がんは他のガンに比べ、羅患率・5年生存率が非常に高い特徴があります。

Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。